受刑者の社会復帰の実例紹介~介助犬・保護犬育成・ペットホテル・カフェ・鳥をヒナから育てる・餃子屋さん・受刑者専門求人誌など~


受刑者の社会復帰についてのツイッターを集めてみました。
介助犬育成や保護犬育成など、動物に関わる更正プログラムに関わった受刑者は再犯率が激減したそうです。
(ある少年院では0%になったそう!)
という事は出所した後は何か動物関係の仕事に就いたら再犯率が減るのでは?

犯罪を犯す人には子供時代に虐待にあっているなど、悲しい生い立ちの人も多いそうです。
犯罪者が減る事は、そのぶん被害者が減るという事。
日本でも動物に関わる更正プログラムが増えたら良いと思っています。

私もツイッターに受刑者の社会復帰についての記事を毎日紹介していたのですが、先日、理由不明の凍結にあってしまい情報拡散できなくなりました。
(ツイッターの凍結についてはこちらの記事参照
刑務所を出ても仕事が無いので、再犯して刑務所にまた戻ってくる人も居るそうです。
お手数なのですが、受刑者の社会復帰について関心を持った方、私の代わりにツイッターやブログ等で情報拡散してもらえないでしょうか?

各記事の下にもツイッターやフェイスブックのボタンがありますし、埋め込んでいるツイッター記事のリツイートでも情報拡散できます。
どうかよろしくお願いします。