遺産は怖い!!遺産の寄付先一覧も紹介(100ヶ所近くあります)


family_isan_happy.png


遺産をもらって大喜びしている人達がいましたら、一度、その遺産はどのように作ったお金かをチェックする事をお勧めします。
なぜかというと、遺産というものは、遺産と同時にその家系の因縁ももらうからです。
もし誰かを低賃金で働かせたり、沢山の人の不幸の上に成り立たせて来た成功で得た財産であれば、その人達の恨みも同時に受け継ぎます。

また自分の徳分以上のお金が入ると、それを何かのマイナスで相殺されてバランスを取らされます。
徳は何か社会貢献をすると貯まり、逆に人を苦しめたり、贅沢をしたり、成功したり、評価されたり、幸せをもらうと減ります。

家を買う、宝くじに当たる、遺産をもらうなど、大きなお金が動く時は運命のバランスが崩れる時なので気をつけた方が良いです。
昔は「家を建てれば7代先までの徳を使う」と言われました。
家を建てたすぐ後に旦那さんや家族など一族の誰かが急死する事があるのですが、そういう場合は徳が足りなかったのに家を建ててしまった可能性があります。

宝くじや遺産も、自分にその大金をもらうだけの徳があれば良いですが、ない場合は足りない分が徳借金と成り、何かで差し引かれます。
それなので、遺産をもらったとたんに離婚になったり、交通事故にあって半身不随になったり、子供が不登校になったり、会社をクビになったり、大病を患って長期入院するハメになったり、最悪の場合は誰かが死んだりと、何かでバランスを取らされます。
見えない世界の法則には「棚からボタ餅」は、ありません。

何を隠そう私の家が、この遺産相続でエライ目に会いました。
具体的には言えませんが、とにかく大変でした。
もらって何年かは気が付きませんでしたが、いま思うと身分不相応な金額の遺産をもらったんだと思います。
(そしてやはり因縁の悪い稼ぎ方をした財産でした)
自分の経験談として、本当に遺産の因縁は甘く見ない方が良いです。
たった数百万でも、背負う物を背負わされます。

それなので、遺産をもらった時は、自分はそれをもらうだけの徳があるのかを良く考える事と、もし身の丈に合わない金額をもらっていると感じるならば、多いと思う分を素直に寄付した方が無難です。
お金があっても、命を取られたらおしまいです。
調べてみると、意外と遺産の寄付を受け付けている団体は多かったです。
(100ヶ所近くありました!!)
香典の寄付もあります。
特に自分の家の因縁と関係していそうな内容のNPO等に寄付する事で逆に因縁清算になりますので、もらった遺産にひっかかる物がある方はぜひ寄付して、未然に不幸を防いでください。
体験者からのリアルな忠告でした。
遺産が寄付できる団体一覧はこちら↓

isan-iei.png


tokutumi-itiran.png