芸能人は運を沢山使うリスキーな仕事~徳が切れて劣化する芸能人もいます~


idol_woman_audience.png



人の運や幸せは見えない世界の徳貯金の量で決まると言われています。
徳貯金は人を幸せにしたり、何か社会貢献をすると貯まり、人を嫌な気分にしたり苦しめたり、何か幸せや成功をもらったり、贅沢をすると減ります。
tokutumihouhou.png


基本的に、何か幸せや成功をもらう時は、徳貯金と引き換えになります。
つまり100万円分の幸せや成功をもらうなら、100万円分の徳貯金をおろします。
1000万円分の幸せや成功をもらうなら、1000万円分の徳貯金をおろします。


そして実は、人に魅力を振りまく事も、徳貯金(運)を減らす事になります。
魅力は徳のエネルギーで出来ています。
そして人に魅力を振りまき認められる=成功する事なので、その分の徳貯金を使います。
普通の生活をしていてちょっと人に認められるぐらいではそこまで運を使いませんが、芸能人のようにテレビ等で日本中(あるいは世界中)の人に魅力を振りまく事は、それだけ毎日毎日、湯水のように徳貯金(運)も使う事になります。
一般人と芸能人の給料は桁が違いますが、同じように運を使う量も桁違いなのです。


また芸能人になると贅沢な生活をしますよね。
贅沢をしても徳貯金(運)を使うので、ますます徳貯金(運)の減るスピードが早くなります。
それなので、普通の徳貯金(運)の人では、すぐに運が尽きてしまいます。
だから一時期はもてはやされても、数年で消える芸能人が多く、何十年も芸能界で生き残る人は少ないのです。
またいわゆる芸能人の「劣化」も、徳が少なくなって来ると起こります。
徳というオーラが無くなって来るからです。


また徳貯金(運)がもう無いのに無理やり成功し続けたり贅沢な生活を続けると、それは運の借金になり、いずれその借金を返さないといけない時が来ます。
そして芸能界から消えた後、芸能人になる前よりも悲惨な生活をする人も沢山います。
運の借金は、自分の病気・事故・貧困・事業の失敗・離婚・身内の不幸など、何かマイナスな事で清算させられる事が多いです。
特に芸能人には、身内が不幸な人が多いですよね。


それなので芸能人という仕事は、普通の徳貯金(運)の量の人間には、ずっと輝き続けるには非常にリスキーな仕事という事になり、本来誰にでもなれる仕事ではありません。
「ちょっと目立ちたい」とか、「ちょっとチヤホヤされたい」という気持ちでなるのは危険なのです。


芸能人でも病気や身内の不幸も無く長く続いている人は、寄付を沢山していたり、ボランティア的な仕事や社会貢献的な仕事を沢山していて、継続して沢山の徳を積んでいます。
それくらいしないと、徳貯金(運)を使う量が多すぎて、続かない仕事なのです。
これから芸能人に成りたいと思っている人は、参考にしてください。




tokutumi-itiran.png