少しだけ損する勇気で運命のバランスが取れる*結婚運・金運を上げる方法 病気予防にも!*


623259.png



幸せは見えない世界の徳の量で決まっているので、自分の徳以上の幸せは来ないし、もし徳以上の幸せを無理やり引き寄せようとすればそれは、それは何か同じぐらいのマイナスと引き換えの、ある意味での黒魔術になる可能性が高いです。
それなので正統な方法で幸せになりたければ、とにかく徳を積む事です。
徳積みの方法はこちら


そして、人間生きていると自分ではそのつもりではなくても色んな人に迷惑をかけたり、自分の良いと思ってした仕事が誰かを犠牲にしていたり、誰かの人生を狂わせていたりする事もあります。
例えば医療関係は人を助ける素晴らしい仕事ですが、一面では医療の闇と言われるような事もあります。


また誰にでも「あの時は申し訳なかった」と思うような事の1つや2つはあるはずです。
やはりそういう事はカルマの世界にはちゃんと記録されていて、やはり因果応報で何かの形で現れます。
ただそれが、1年以内に出るのか、10年以内に出るのかは分からないし、もしかしたら自分の代では出なくても子供や孫の代で出るような事もあります。


そんなに期間が開くと、もう直接の原因が何だか分からなくなります。
だから世の中はこんなにゴチャゴチャで、一見不平等に見えるのです。
しかしカルマの世界では、そのようにちゃんと記録されているので、もし自分に何か自覚のある罪悪感があるのなら、やはりそのカルマを解消するような事を、今からしておく方が無難です。


一番簡単なのは寄付なので、自分のカルマ解消になるような所に、自分がもういいと思うまで寄付すると良いですので、寄付先一覧のカテゴリを参考にしてください。
(例えば医療関係者で何か自覚のある人だったら医療関係への寄付など)


寄付をしたりボランティアをする事は、自分のお金やエネルギーを自分以外の事に使うので、一見、損なようですが、実はカルマの世界から見ると、その時のたったの1000円の寄付で、後にカルマの清算として起こる予定だった事が起こらなくて済んだりするような事もあるのです。
要は「自分のカルマを自覚したかどうか」「反省したかどうか」が大事です。
本当に反省すれば、人は身銭を切りますし、自分のために使う時間やお金を我慢してでも、寄付したり他の人のために時間を使う事を良しとできます。


それなので、さりげないようですが、小額でも寄付ができるか、自分の時間を少しでもボランティア等の社会貢献に使えるかは、その人が本当に反省しているかの一種のバロメーターになります。
(自分が「いい人」と思われたくてする寄付やボランティアは、カルマの清算にはなりませんけどね・・・)


手元にある数千円を、グルメに使うのか、洋服を買うために使うのか、自分の旅行代に使うのか、それとも自分のカルマを返すために寄付をするのかは、自分で選べます。
世の中、楽しい事は沢山あります。
楽しい事を選ぶ自由もあります。
しかし自分が本当に反省して、身銭を切るという損を出来るかどうか、それが運命のバランスを取れるか取れないかの別れ道になります。


tokutumi-itiran.png