徳積みは自分の好きな事でするのがポイント! ~徳積みで病気になったら意味なし!~


gardening_woman.png



人の運や幸せは、見えない世界の徳貯金の量で決まると言われています。
徳貯金は人を幸せにしたり、良い仕事やボランティアや寄付などで社会貢献をすると貯まり、人を嫌な気分にして苦しめたり、幸せや成功を手に入れたり、贅沢をすると減ります。
tokutumihouhou.png


それなので、「何かついてないぞ」と思う時は徳貯金が足りなくなって来ているかもしれないので、何かボランティアや寄付などの社会貢献をして徳を積むと良いのですが、徳積みは自分の好きな事や本当に関心のある事でするのがコツです。


なぜかというと、自分が嫌いな事や苦手な事をしていると、ストレスが溜まって病気になるからです。
また、自分が興味のある活動や本当に応援している活動に寄付すると、「役に立って良かった」と純粋に思えますが、特に興味の無い所に寄付をしても、「あ~あ、お金がまた無くなっちゃった」と思ってストレスですよね。
ストレスは万病の元。
どんなに食べ物に気をつけていても、健康マニアな生活をしていても、ストレスは一発で細胞を壊して体を老化させるそうです。


徳積みをする理由=幸せになりたい、からですよね。
徳積みしているのに病気になったら、本末転倒です。
いったい何のために頑張ったのか?という事になっちゃいます。


また、嫌な事は、結局長くは続けられません。
それなので、嫌な方法での徳積みを1~2ヶ月やって止めちゃうよりも、好きな方法での徳積みを1年・5年・10年と長く続けた方が良いのです。


また、ボランティアされる方も、嫌々ボランティアされるのは嫌ですよね。
ボランティアを受ける方のためにも、自分がやっていて本当に楽しい事、情熱を持てる事だけで徳積みはやった方が良いのです。


誰でも好きな事の1つや2つはありますよね。
自分にとっての一番ベストな徳積みの方法が誰にでもありますので、それを探してみてくださいね。


tokutumi-itiran.png