割引品ばかり買っていると逆に貧乏になるのは、徳が無くなるから *徳積みで金運を上げよう!*


sale_ubaiai.png


買い物で割引品があったら、「ラッキー」と思いますよね。
でも実は割引品を買うと、それだけ自分の金運を失います。


金運はいわゆる自分の徳の量で決まるのですが、徳は人を不幸にしたり不快にしたり、成功したり表彰されたり幸せをもらったり贅沢をすると減ります。
逆に何か社会貢献をすると増えます。


割引品を買うと、売った側を損させている事になるので、徳が減ります。
セール品は、もしかしたら原価も割っているかもしれないですよね。
割引率が高ければ高いほど、相手は売る事で赤字になっている可能性があります。
下手したらその後、倒産しているかもしれません。


売る側が「チェッ、損したぜ、作らなきゃ良かった」と思って手放した物を、「お徳だ、ラッキー!」と思って買う事は、実はラッキーではなく、自分も徳を失うという損をしています。
ここに貧乏層が、どんどん貧乏になるカラクリがあります。


それなので、なるべく定価商品を買って長く使ったり、割引品でも、あまり割引されていない物、売っている側にもまだ利益がありそうな物を買う方が、自分の運も落とさなくて済みます。


割引品を買わないといけないような生活から抜け出したい場合は、とにもかくにも徳積み!
自分からまず社会に何か出して、見えない世界に徳貯金という金運を貯める事です。

tokutumihouhou.png


tokutumi-itiran.png